誕生日のお祝いのメッセージありがとうございます。


みなさん

沢山のお祝いのメッセージ

本当にありがとうございます

今年の誕生日はインドネシアのバンダアチェというところに来て迎えることになりました。

津波のあった地域です。

今年で10年目を迎えたところです。

まだまだ

これからなことが沢山あって

いろいろなことを感じながら

自分の出来ることを考えながら

迎えた日ですが

実は食中毒を起こしてしまい

途中から完全にダウンをしてしまいました。

5キロは軽く痩せたんじゃないかというくらいの状態でしたが

次の日から自分の出来る部分のスタートだったこともあり

何とかこなしております。

いろいろなものを見ていろいろなことを感じ

更に覚悟を決めることが出来たような気がします。

そして

やはり

仲間の大切さをまざまざと感じることが出来ました。

本当みなさんありがとうございます。

自分には得意なところ

不得意なところがあり

どちらかと言うと

ほとんどが不得意なのではないかと

自覚しながら生きることが出来る

年になってしまっている

気もしつつ

やはり

頭の中では

まだまだ

いい意味でも悪い意味でも

30歳のままだなと思っています。

やり直しの人生です。

世の中には沢山の出来事があり

沢山の見え方があり

目に見えない

感じようとしなければ

感じることの出来ないこと

大切にしようと心に決めなければ

見えないもの

守れないものが

沢山あると思います。

沢山のことを自分の目で見て

自分で感じること

自分よりも

先駆者たちの声に耳を傾けること

僕には必要なことばかりあり

まだまだ未熟なことばかりですが

周りにいて下さる方々のお陰で今を生きることが出来ています。

一度失った人生

自分の命を

尽き果てるその時まで

全力で生きていきたいと思います。

今、世界中で起きていることに

生きるということに

向き合うことを

日本を出ているからそこ

感じるまた新たなものが

あります。

震災が起きた年に

はじめて目にした光景

今も鮮明に覚えています。

あの時心に決めた想い

今も変わらず持っていることが出来ています。

これまでに手を差し伸べて下さった方々のこと

今も変わらず心に持っています。

震災のあった年に

僕は内戦の起きている

時期に

アフリカへ行っています。

そのタイミングで行くべきなのか

沢山の気持ちや考えを持って

行って来ました。

またその時目にしてきたもの

多分一生忘れることはないと

思います。

まだまだ

誰にも話すことも出来ないかと思います。

人生には本当に沢山の選択肢があり

どの選択肢を選ぶかは

すべて

自分次第なのだと

思います。

自分の考えを話すことが出来る環境

自分の話を聞いてくれる人がいること

まだ話すことが出来ない気持ちを理解してくれる環境

共に目標を超えていこうと言える仲間がいること

心より感謝致します。

日本を出てより感じられること

意識しようとすること

それは文化の違い

もともと育ってきた暮らしの中で当たり前として生活していること自体全く違うということ

正解や

正しいこととは何か

人にはその人なりの正義があり

生きるルールがあり

信じるものがある

そうしたことを

世界というところで考えると

凄くわかりやすく感じますが

これは

日本出会っても友だちであっても

同じなのではないかと思います

戦争は絶対になくならない

そんなお話を思い出しました。

文化の違いや歴史の違いによって

作られてきたものが間違っている

間違っていない

生きていくためにやらなければならないこと

それを強く貫けば貫くほど

正しいと思うことを貫こうとすればするほど

ぶつかり合ってしまう可能性を持ってしまう

「今、自分に起きていることは

すべて正しい」

受け入れることで

はじめて目に見える世界がある

その時々に現れる

目の前のもの

文化の違い

新しい文明を取り入れようとすること

文明と文化の違い

考えはじめたらきりがない

未来や相手の考えていること

求めあうものの違い

一致するもの

自分の目の前に

訪れたものには全てに意味があるはずであり

受け入れることで前へ進むことが出来る

未来は不確かなものだと

受け入れることで

思い通りにはならないかもしれないけど

イメージすればするほど

近づいてもゆける

まだまだなやつですが

今年は

自分たちの目標に向かい全力で

向かいあい

乗り越えていくつもりです。

やっぱり

想うことは

枠にハマりきったことではないのだけれど

「イメージ出来れば何でも出来る」

どうぞ

これからも

お力をお貸しください。

よろしくお願い致します。

みなさまと出逢えたことで

私の今がこの世に存在しております。

ありがとうございます。

(null)

Share Button

Spread the word. Share this post!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください