夏に咲く東松島のさくら


そういえばこれはさくら
だったんだ
そんな風に
春になるたびに思い出されるさくらの木は

どんな気持ちでたっているんだろう

少しの間だけチヤホヤされて
花が散ったら
また忘れられてしまう

でもひょっとしたら
一年に一度だけ思い出して貰えるだけマシなのかもしれない

東北のさくらは

入学式のシーズンには咲かない

どんな人達のココロに刻まれて来ているのだろう

その心を癒してくれる

美しい姿は

どんな記憶として日本の歴史に

花を添えているのだろう

東松島での活動やボランティアも

似たようなことが言えるのだろうかって思う

お手伝いをしに来てくれる人たちの中ではその日のことを考える

現地の人たちは毎日が日常でその日その日

それから先もずっとその場にいる

そんな人達の心の中には

どんな記憶と景色が生まれているのだろう

もう少し気持ちに寄り添ってみてほしい

現地の人たちの心の声を聞いてみてほしい

そんなことをして

人の心にぽっと花を咲かせていこう

Share Button

Spread the word. Share this post!

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください