新しい生き方の提案 REVOLIST


想い以外もないところからはじまる

こんな事が出来たらあの人たちは安心して暮らせるのでは?

家族を安心させたい

困ってる人の支えになりたい

昔の日本では仕事とは誰かの為にあったそうです

今はどんな感覚なのだろう?

僕も以前はとにかく稼ごう

誰よりも稼ぐにはどうしたら良いのか

あれをすれば

これはすれば

いくつも立ち上げてきた

数字を考え効率を考え付き合う人を選び

どうすればお金になるのかを考え

沢山のお金を生み出し

沢山のお金を使ってきた

周りには人が集まり

何でも出来る気がしていた

そんな中

事故で寝たきりになった

一生介護とも言われ人生が終わったと感じた

人はひとりまた1人と離れていった

そこにはやる気をなくしたヌケガラのような人がいた

殺してほしい

どうしたら死ねるのかそんな事を考える日々だった

今考えると希望を失い生きる気力もなくした人に魅力を感じる人も少なく人が離れるのも当たり前なのかも知れない

そんな時数人の人が声をかけてくれた

予想もしなかった人からだった

苦しい時に声をかけてくれる人がいる

有難い事だった

「何かはじめてみようよ」

「何でもいいから一緒にやろう」

好きな事ではあったけどやった事のない事をはじめてみた

日常に色がつきはじめた

そしてやってみたい事が出来た

誰かの為になる事

一年近く人と離れ感情を失った生活をしていた事で笑う事も出来なくなった自分が誰かの笑顔の為に働きたいと心から思った

それと同時にお金の力を使って人が集まるような事をしてみた

容易く人は集まりはじめたが

凄くガッカリとした

1ミリも魅力を感じる事はなかった

自分は誰かの為になる事がしたいのだ

人を応援する事をはじめてみた

体の自由は失っていたがその時財産はまだあった

信用もあった

だからお金の力で人の応援をはじめた

いい勉強になった

急に人の為になるならと誰かれ構わず応援しようとしていたら人は集まりあっという間に騙されてしまった

体の自由に続いてお金の自由も失った

いろいろ端折るとそのまま信用もそれどころか家も失った

その代わりに覚悟を手に入れた

とにかく誰かの為に生きると決めた

自分に何が出来るのかを探す旅のはじまりでもあった

生きていくための最低限のお金を稼ぐ時間と

やりたい事を見つける時間

まずは2つの時間をつくった

その比率をどんどんやりたい事だけへとシフトしていくと

見えてくる世界も変わっていった

出逢う人も変わっていった

お金の為に働くのではなく

誰かの為に出来る事をする

世の中に必要なものを探す

いろいろな挑戦をしてみた

試行錯誤しながら

とにかく挑戦し続けたお金の為に働くとその対価に見合った仕事をしようとしたりする

誰かの為に働くととことん追求していく自分に出逢えた

でも中々世の中的には理解される事でもないのかもしれない

でも逆に成功者たちは同じような事をしていた

沢山の出逢いの中で沢山学びの機会を頂いてもきた

人が成長すること

生きがいを感じること

生きるということ

まざまなことに向き合ってきた

自分のやり方の為にぶつかって来たことも

理解されず祖縁になってしまったり

本当に沢山のことが起きてきた

そんな中

感じたこと

仕事というカテゴリーの中でする事と

何かの為に学ぶ機会

誰かの為の活動では人の意識が変わるという事

満足感も求めるものも大きく変わる

プロジェクト単位で働くこと

未来の為に働くこと

未来の誰かの為に働くこと

日本の未来の為に働くこと

共感し合える人たちと為に働くこと

さまざまななやりたいを実現すること

そんな発想から

REVOLISTは生まれた

昔昔の古き良き時代と言われた働き方と

今出来る働き方をミックスさせたような

レボリューションをおこしたい人たちが集まって共感し合える事に挑戦する場をつくること

繋がりあって成せること

どこにいても繋がれること

離れているからこそ出来ること

共に

レボるって言葉を使う事で働く対価を変えること

共に

ひとりひとりの出来ることを持ち寄ること

労力を持ち寄ること

出せるものを出し合い形にしていくこと

そんな事からはじめよう

実際に自分の信じる道を見つけ走り続け形をつくってきた人たちのこと

REVOLIST

神様からのメッセージ

Share Button

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください