本当に書きたかったお話


10年たってやっと自分の言葉で自分の考えをSNSなどに書けるようになってきた隼です。

ここ最近、震災からの経験を元に、おのくんを通して生まれた絆や輪を、このさまざまな問題を解決しようととあるプロジェクトを進めています。大きな目標を掲げたプロジェクト、そこから派生して生まれたプロジェクト、どちらもなくてはならないプロジェクトです。そしてそのプロジェクトの話をさせて貰っていると、これめっちゃ為になるお話でした!結構な金額のお金を払ってもいいセミナーみたいでした!僕もその考え方を取り入れてやってみます!などなど一緒に何かをはじめませんか?ということを伝えたいのですが、勇気を与えることになっていたり、やり方が見えてきました!と言ったイメージです。僕の目的からは少しずれたことをしている結果なんだろう。。。

どのように伝えるべきなのか考えまた伝えるものの同じような結果が続いているような。。。

世の中には同じようなことを考えている人はごまんといると言われていますが、直接話して紹介して貰うこととSNSを通して探そうとすると10000人にひとりいればいいと思って伝えまくっています。そうした中でも一緒に何かはじめてみようと言って頂ける方も出てきて、何かを創るということをはじめるとそちらはそちらで全くダメダメな隼です。しかしダメダメながらも次々に挑戦していき、玉砕しながらも諦めの悪い僕は気にせず言われたことを元につくりなおしていきます。周りにいる人たちは大変なのかもしれませんが!笑

でもそんなやり方でも教えて貰いながら何度も何度も立ち向かうことで少しずつでも見えてくるものがあります。あっ!これって、このひとつ前のブログがまさにそうで、引っ張られて全く違うことを書いてしまいました!笑

また脱線してしまいましたが

で!

でです!

最近ふたっと気がついたら少しずつサイクルが変わってきているのです。

それは10000人に1人を探すことは大変だとか、中々出逢うことは出来ないのだからどんどんいろんな人に出逢うチャンスをつくろうと考えながら進めていましたが、大きな変化が!

よくよく考えるとはじめは話など全く聞いて貰えなかったということを

話をしはじめると、少しした段階で、それはね、ただの理想だよ!

それやってどうなるの?

お金は誰が出すの?いくら儲かるの?

もっとちゃんと考えなきゃ!

ちゃんと真っ当な仕事した方がいいですよ!

などなど言われていたことを

でも最近は、いいセミナー!勉強になった、勇気が貰えた!私もやりたいことやっていいんですね!

一緒にやりたいです!

そんな人たちが増えてきています。

おにかく話を聞きたい!会ってみたい!ごめんなさい!今日は少しの時間しか取っていなかったので次回はじっくりと時間を取って話をしましょう。などなど

気がつくと10000人に1人の人たちを探す僕と10000人に1人を探していた人たちが引き寄せあって勝手に出くわすような流れが出てきています。

こうなると物事がどんどん加速しはじめて毎日がジェットコースターのような日々になってきました。

そして更に更に気が着くと10年震災で出逢った人たちと話すことでこういうことかこんなことをカタチにしよう!あれ?何かこれ似た感覚があるような?そんなことが山のように。。。

そう僕が震災前にやろうとしていたこととまるっとリンクしているのです。どうすればいいだろう?その設計図が既に書いてあったり、新しい感覚と組み合わせることで、ますます必要なこと、もの、ひとが明確になっています。自分の中ではかなり明確にクリアになってきました。

そうなって来ているのは沢山の人たちと話をすること、同じような考えを持った人たちと話すことそうだからこそ考え方の幅が広がっていくこと、感じ方の違いを知ることによって生まれる発想、理解し合えないと思える出来事から生まれる打開策。いろいろなものを組み合わせると、わくわくしながらやっていると時間はあっというまにすぎていくこと、ひたむきにやっていると出来なかったことが勝手に出来るようになっていること、知らなかったことが当たり前になっていること、当たり前に思っていたことが通用しないということ、人生っておもしろいってこと

生きること、生き甲斐を見つけることって無限の可能性を秘めていることどうせ同じ人生ならいつ諦めちゃう自分がやってくるかもわからないならやれる時にやれるだけやっちゃおう!

そう新たに誓う隼でした!

長々と続く戯言最後まで読んで頂きありがとうございます。またいろいろと想いを綴っていたいと思っているのでたまには覗きに来てみて下さいね。

おもしろいと感じたりなんかしたら誰かに紹介してみてやって下さい。

紹介してもらえると喜びます。笑

Share Button

コメントを残す

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください